Design:板倉準三建築研究所

低座椅子

担当:長大作

  

ある歌舞伎役者からの依頼で邸宅を設計した際
一緒にデザインされたのがこの「低座椅子」です。
 
「和室でのくらしに違和感なくとけ込み ゆったりとくつろげる椅子に座りたい。」
という要望に出した答え。
 
座面までの高さは29cm。
 
足を投げ出した姿勢で座れ
広い座面の上ではあぐらもかけます。
ご年輩の方も無理なく立ち上がれる
やさしいデザイン。
 
畳や絨毯を傷めないよう
ほどよい幅を持たせた脚部はソリの形に なっています。
印象的案フォルムの背もたれは
「柿」をふたつに
切ったときの断面の様子から
インスピレーションを受けたと言います。
 
ある歌舞伎役者
それは八代目松本幸四郎氏
 
父から息子
そして孫へ 代々受け継ぎ
伝えられていくであろう椅子。
 
時代を超えて残るもの
永遠のスタンダードと呼ぶにふさわしい
プロダクトの底力を感じます。
 
 
1964年にグッドデザイン賞を受賞。
※天童木工カタログより引用

低座椅子
S-5016NA-ST 

 
価格/70,200円(税込) 

メーカー/天童木工

サイズ/W550×D683×H640

SH290)

材種/ナラ柾目

張布/B/NC87ダークブラウン

HOME | 取扱品 | 低座椅子