Design Story

BKFchair

バタフライチェア/1938

 
 

“バタフライチェア”の愛称でも知られる
「BKFチェア」は
3人のアルゼンチン人デザイナー
 
 アントニオ・ボネット
 フアン・クルチャン
 ホルヘ・フェラーリ=ハードイ
 
によってデザインされ
それぞれの頭文字をとってBKFチェアと名づけられました。
 
彼らは20世紀を代表する建築家のル・コルビュジエの下で働いた経験を持ちますが、
この椅子からはその影響はあまり感じられません。
それよりも
イギリスのエンジニアのヨゼフ・フェンビィが
1855年にデザインした椅子にインスピレーションを得て1938年に誕生しました。
 
1950年代から60年代にかけて特に若者たちに支持され、
その人気はイームズ夫妻にも勝るとも劣らないものでした。
 
この椅子は何年にもわたって数多くの芸術家に愛されてきました。
“ハードイチェア”
“バタフライチェア”
とも呼ばれていたBKFチェアは
1941年、エドガー・カウフマン・ジュニアの選定により
ニューヨーク近代美術館におさめられました。

BKFチェア
Design1938/Sweden

 
価格/ブラック149,040円(税込)
   ブラウン159,840円(税込)
   ナチュラル169,560円(税込)
   PAMPAブラウン169,560円(税込)
   PAMPAブラック169,560円(税込)
 

メーカー/RoyalFurnitureCollection(Cuero)

サイズ/W850×D850×H900

フレーム/φ12mmソリッドスチール

     (ブラック)

張布/ベジタブルタンニンなめしの厚革

BKFチェア/ブラック
HOME | 取扱品 | BKFチェア